市川右近の奥様は?独立騒動の真相は?創価学会って本当?

The following two tabs change content below.
瀬野 愛子
メール:seno.aiko1225@gmail.com
住まい:東京都新宿区

婚活が大好きなアラサー独身喪女。
自分が使って良いと思ったものは誰かに勧めたくなる性格で、たくさんの人に勧めるため、2016年10月に婚活ブログ『こんかちゅ!』を立ち上げる。

ブログランキングにも参加してるので、ぜひ1クリックをお願いします!(๑ᵕωᵕ๑)⁾⁾

市川右近とは?

「市川右近」とは歌舞伎における名跡(みょうせき)の1つで、代々継承されていく個人名です。いわゆる、襲名していく名前の1つです。2016年現在、市川右近を名乗っているのは武田右近さんです。

市川右近

初代市川右近

市川右近さんのプロフィール

まずは市川右近さんのプロフィールからおさらいしていきましょう( •̀ᄇ• ́)ﻭ✧

本名 武田 右近 (たけだ うこん)
生年月日 1963年11月26日
年齢 52歳 ➡︎(最新の年齢が計算できます)
国籍 日本
出身地 大阪府
血液型 A型
最終学歴 慶應義塾大学法学部政治学科 卒業
屋号 澤瀉屋 (おもだかや)
父親 飛鳥 峯王 (あすか みねお)
子供 武田 タケル

澤瀉屋 (おもだかや)

澤瀉(おもだか)

定紋 : 澤瀉(おもだか)

初代市川猿之助を祖宗(そそう)とする屋号で、代々は市川猿之助と市川段四郎を交互に襲名していく慣習が特徴です。

宗家 続柄
初代 猿之助
2代目段四郎
坂東三太郎の子
2世 2代目猿之助 祖宗の長男
3世 3代目段四郎 2代目猿之助の長男
4世 3代目猿之助 3代目段四郎の長男
4代目段四郎 3代目段四郎の次男
5世 4代目猿之助 4代目段四郎の長男

市川右近は澤瀉屋(おもだかや)の門弟

澤瀉鶴(おもだかづる)

定紋 : 澤瀉鶴(おもだかづる)

市川右近は澤瀉屋(おもだかや)の門弟筋です。簡単に言えば門下生の一門ということですね。血が繋がっている本家でも分家でもないということでしょう。

初代市川右近(本名:武田右近)さんは京都で初舞台を踏みました。9歳のときに3代目市川猿之助のスーパー歌舞伎に魅了された右近さんは澤瀉屋に入ることを決意し、1975年に上京して3代目市川猿之助に弟子入りし部屋子第1号となり、市川右近を名乗るようになりました。この時、右近さんはまだ若干11歳だったそうです。

3代目市川猿之助は「血縁主義ではなく実力主義」という考えをもっており、国立劇場歌舞伎俳優養成所の卒業生を自身の舞台に起用させていきました。右近さんは、そんな梨園に血縁のない歌舞伎役者たちのリーダーのような存在になっていたそうです。

屋号を高嶋屋に変更

その後40年間にわたり、実質的な “長男”として3代目市川猿之助の一門を支えた右近さんは、2016年5月26日、屋号をこれまでの澤瀉屋から高嶋屋に変更しました。これは一説によると事実上の独立宣言だと言われています。

右近さんは1975年の弟子からずっと3代目市川猿之助と一門を支え続けてきました。しかし、そこに突如として現れたのが、3代目市川猿之助の長男である香川照之さんです。香川照之さんといえば、ドラマ『半沢直樹』で演じた大和田常務のキャラクターが話題になりましたね。

大和田暁常務

大和田常務役の香川照之さん

3代目市川猿之助の長男である香川照之さんが、長男の政明くんが生まれたことで「この子を“猿之助”にするのがオレの使命だ」と、突如として歌舞伎界に足を踏み入れたのです。そして2011年、香川照之さん本人が9代目市川中車(ちゅうしゃ)を、長男の政明くんは5代目市川團子(だんこ)を襲名しました。同時に、香川照之さんのいとこである2代目市川亀治郎さんが4代目市川猿之助を襲名しました。

市川猿之助 (4代目)

市川猿之助 (4代目)

これにより澤瀉屋を代表する名跡は全て血縁関係のある親族が襲名したことになります。それまで3代目市川猿之助の「血縁よりも実力主義」という基本方針を拠り所にしてがんばってきた右近さんなどの歌舞伎役者はショックを受けたことでしょう。

右近さんは屋号変更のときに「澤瀉屋から離れていくわけではない」と発言していらっしゃいますが、このような背景があるなかでの屋号変更ですから、周囲から独立宣言と言われてもしかたありませんね。

実家は日本舞踊飛鳥流を創始した家元

飛鳥峯王(あすか みねお)

父 : 飛鳥峯王

初代市川右近(本名:武田右近)さんの父親は、日本舞踊飛鳥流の家元である飛鳥峯王(あすか みねお)さんです。漢字だけみるとものすごい雰囲気が漂っているお名前ですね笑

1980年に飛鳥峯王によって創流されたのが日本舞踊飛鳥流です。飛鳥峯王さんの奥様である飛鳥珠生(あすか あまお)さんが2代目家元を継承し、2016年現在は、飛鳥峯王の長女で武田右近さんの妹の飛鳥左近(あすか さこん)さんが3代目家元を継承しています。

飛鳥珠生(あすか あまお)

母 : 飛鳥珠生

飛鳥左近(あすか さこん)

妹 : 飛鳥左近

市川右近さんの妻は?離婚歴は?

市川右近さんは結婚を3回経験されており、現在の奥様は3番目の妻になります。

結婚(1回目)

1度目の結婚は1991年のときで、お相手はモデルだったようです。この時の右近さんは結婚適齢期の28歳。歌舞伎役者としてもまだまだこれからという時期もあったためか、最初の結婚生活は1年ももたずに離婚してしまったそうです。お二人の間に子供はおりませんでした。

結婚(2回目)

2度目の結婚は1999年8月のとき。1年半の交際を経て、レースクイーン(鈴鹿サーキットクイーン11期生)やキャビンアテンダントをされていた天羽享子さんと結ばれました。しかし、2度目の夫婦生活も3年で破局してしまいました。一説によれば、奥様である享子さんがサルサダンスにハマってしまったことが離婚の原因だとか。当時はサルサ離婚とも言われていたそうです。

3年間の夫婦生活でしたが、享子さんとの間にもお子さんはいらっしゃいませんでした。天羽享子さんはその後、サルサダンス日本代表としてLondon Studio Centre(LSC)にて日本代表としてパフォーマンスするなど第一線で活躍されておられます。

結婚(3回目)

そして2006年12月、右近さんが42歳のときに3度目の結婚をしました。お相手は10歳年下の音楽関係のお仕事をされていた明子さんという方です。

3代目市川猿之助が脳梗塞で倒れたときに一門を必死で支えていた右近さんを、明子さんが陰ながら支え続けていたそうです。およそ3年間におよぶ困難を一緒に乗り越えてくれた女子ということで、結婚を決められたということです。

そして、結婚から3年後に明子さんが身ごもります。かねてから自身の後継者を求めていた右近さんは男の子を欲しがっていましたが、生まれてきたのは3481gの元気な男の子でした。45歳にしてようやく父親になった右近さんは、自身が愛した3代目猿之助のスーパー歌舞伎「ヤマトタケル」にあやかり、息子さんにタケルと名付けました。

武田タケルくんと右近さん

武田タケルくんと右近さん

市川右近さんが創価学会というのは本当か?

市川右近さんが創価学会にて芸術部員を担当しているという噂がありますが、正確な情報を入手することはできませんでした。インターネット上のあらゆる記事では、「学会員であることが確かな芸能人」として記載されているのですが、どの記事も「芸術部員 歌舞伎役者」という記述のみで、本人または周囲の発言などは一切記載されていませんでした。

芸能人格付けチェックで久本雅美さんと共演

ただ、2016年10月に放送されたテレビ朝日の『芸能人格付けチェック』で久本雅美さんと共演されました。久本雅美さんといえば創価学会の熱心な信者で、芸能界でも積極的に布教活動をしていることで有名ですね。

応援シェアしてくれると嬉しいで~

1 個のコメント

  • 右團次の名跡の屋号は元々高嶋屋
    名跡と屋号はセットであり、意図的に屋号を変更したわけではありません

    右近さん自身がトークショーで「変な記事が出て」と香川さんたちとの不仲説を否定していましたよ

    襲名披露公演には、猿之助さん中車さんも出演で、三代目猿之助(現猿翁)の演目を上演します

  • ABOUTこの記事をかいた人

    瀬野 愛子

    メール:seno.aiko1225@gmail.com
    住まい:東京都新宿区

    婚活が大好きなアラサー独身喪女。
    自分が使って良いと思ったものは誰かに勧めたくなる性格で、たくさんの人に勧めるため、2016年10月に婚活ブログ『こんかちゅ!』を立ち上げる。

    ブログランキングにも参加してるので、ぜひ1クリックをお願いします!(๑ᵕωᵕ๑)⁾⁾