彼氏や彼女を作れない人は、出会う人&デート経験を増やそう

彼氏や彼女を作れない人は、出会う人&デート経験を増やそう
The following two tabs change content below.
瀬野 愛子
メール:seno.aiko1225@gmail.com
住まい:東京都新宿区

婚活が大好きなアラサー独身喪女。
自分が使って良いと思ったものは誰かに勧めたくなる性格で、たくさんの人に勧めるため、2016年10月に婚活ブログ『こんかちゅ!』を立ち上げる。

ブログランキングにも参加してるので、ぜひ1クリックをお願いします!(๑ᵕωᵕ๑)⁾⁾

今回の記事は、
「どうして・・・どうしてアイコには彼氏ができないの・・・!」
「なぜだ・・・なぜ俺には彼女ができないんだ・・・!」
と、恋人ができない現実に直面して苦しみ悩んでいる方に読んでもらいたいと思っています。

唐突ですが、どうして自分には彼氏や彼女ができないのか考えたことがありますか?

コミュ力がなくて会話が下手だから?
美人じゃないから? イケメンじゃないから?
え・・・もしかして・・・お金っすか?

いいえ。あなたに恋人ができない理由はコミュ力でもルックスでもお金でもないのです。彼氏彼女ができないのは、あなたが彼氏彼女を作る法則(ルール)を知らないからです。

実は、彼氏彼女の作り方にはある一定の法則が存在するのです。

気づいて!彼氏彼女の作り方はスポーツと同じよ・・・!

みなさん、本当は心の中でうすうす気づいているんじゃないですか?自分に彼氏彼女ができないのは、バッターボックスに立つ回数やシュートを蹴る回数がそもそも少ないからだということに。

日本で人気のスポーツといえば野球とサッカーですよね。例えばサッカーで多くの点をとるためには、より多くのシュートをゴールに向かって蹴らないといけません。野球で点をとるためには、ピッチャーが投げた球をできるだけ多くバットで打ち返さないといけません。

彼氏彼女の作り方もスポーツと同じです。誰かと恋人同士になるためには、恋人をつくるための行動をできるだけ多く起こさないといけません。直接的にいえば告白する回数のことです。男性ならできるだけ多くの女子に告白すれば、時間と体力はかかってもいずれは彼女をつくることができます。女子であれば、新しく出会う男性の人数をできるだけ増やしていけばいいのです。

何事も基本から。彼氏彼女をつくる基本を知るのよ!

どんなスポーツでも基礎をおろそかにする人はいずれ成長が頭打ちになります。基本動作を身につけていない選手は肝心なところで大きなミスをしやすいですし、運に頼りがちになるので成績に波が生まれます。

クリスマスやバレンタインデーに恋人がいる人たちは、彼氏彼女をつくるための基本テクニックを身につけている人たちです。ほとんどの人は学生時代に多くの恋愛を経験しながら無意識に身につけています。勉強していた人よりも、遊び惚けていた人のほうが恋愛が得意なのは、単純に経験値が高いからなのです。

逆に彼氏彼女ができないと悩んでいる人は、恋人をつくる基本を身につけれていない人です。基本テクができない女子は、年齢を重ねるほどに彼氏ができる確率が低くなっていきます。基本をおろそかにしている男性は、どれだけ多くの女子を口説いてもなかなか成功しないでしょう(まぁ下手な鉄砲でも数打ちゃあたるので、100人の女子を口説ければ1人くらいは成功するかもしれません)。

さきほどご説明したように、何事でも数を増やせば成功する回数も増えます。しかし、より多くの回数をこなすためにはあなたの体力と財布のお金、それに貴重な時間も消費しないといけません。

しかも最近では日本全国で晩婚化が進んでいて、草食系男子とか挙げ句の果てには絶食系男子がでてくる始末。積極的に女子を口説く男性が減少しているせいで、アイコたち女子は待っているだけでは彼氏ができなくなっているのです。

恋愛指南本?なにそれ美味しいの?

「恋愛テクニックを学んでね」というと、すぐに某密林やR天で「恋愛本」を探そうとする人がいますが、世の中にはびこっている恋愛指南本は全て意味がないので、今すぐ買うのをやめてください。すでに持っている恋愛指南本は、BOOK-OFFで廃品処理するかゴミ袋にぶち込んで捨ててしまいましょう。

考えてみてほしいのです。小学生の頃からたくさん恋愛をして男を知っている小悪魔女子ですら、好きな男性を確実に落とすことはできないのです。それどころか、恋愛経験の豊富な女子でもダメ男にひっかかったりしています。

つまり、恋愛には全ての男性に共通する正解がないのです。35億人の男性がいるので正解は35億通りあると言ったほうがいいでしょう。

それじゃどうすりゃいいのよ・・・

簡単です。彼氏彼女を作る基本を身につけてから、とにかく多くの恋愛を経験しまくるのです。「恋愛を経験する」と言っても、別に彼氏をたくさんつくれと言っているわけではありません。多くの男性と2人っきりで過ごす機会や時間を増やせばいいのです。

1日1時間だけでも構いません。男性とランチに行く機会ほ増やしたり、お茶をして会話してみるだけでOK。これだけであなたの中の男性経験値は溜まっていくので、気がついたらレベルアップしていますから( •̀ᄇ• ́)ﻭ✧

彼氏彼女を身につける基本とは?

ここまで忍耐強く読んでくださった方、そろそろいい加減に「彼氏彼女をつくる基本をおしえなさいよ!」って思っていることでしょう。20年間ずっと彼氏ができなかったアイコが、出会いアプリでいろんな男性とマシンガン的に知り合っていくなかで学んだ基本ルールは以下4つです。

  1. メールやLINEのペースは相手に合わせる。
  2. デートのドタキャンは絶対にしない。
  3. 付き合うまで相手の期待値を上げない。
  4. 下ネタを使いこなせれば最強。

1. メールやLINEのペースは相手に合わせる。

メールやLINEはついつい自分のタイミングで送ってしまいがち。連絡好きの女子なら、好きな男性から来たラインにはすぐ返信したくなりますよね。でも、連絡のペースは相手に合わせたほうがいいです。理想はお互いに心地いいペースをつくること。そのためには、知り合ったときから互いに相手のペースをはかる努力が必要です。

男性はあまり連絡好きではないことが多いので、気まぐれに連絡を取るタイプなのか、大体何十分おきに連絡をくれるタイプなのか見極めましょう。人によっては1~2日寝かすこともありますが、それがその人のペースです。付き合ってから合わせると大変なので、付き合う前に合わせておきましょう。その段階で我慢できないようであれば付き合わないほうが賢明です。

2. デートのドタキャンは絶対にしない。

男女とわず、約束していたことを直前にキャンセルされると腹がたつものです。なぜならすでに準備をしてしまっていたり、他の約束を断ったりしているから。「もっと早く言ってくれれば・・・」という気持ちがイライラを生むのです。

唯一ドタキャンが許されるのは突然の体調不良。それでも次のデートで埋めあわせる必要がありますし、年に1~2回くらいしか許してもらえないと思ったほうがいいです。体調管理は社会人として当たり前ですからね。

3. 付き合うまで相手の期待値を上げない。

付き合ってからの恋愛を楽なものにしたいなら、付き合うまでにあまり努力しないほうがいいです。好きになるとつい無理をしてでも相手を落とそうとしてしまうと思いますが、その気合は永遠には続きません。付き合っていくにつれて相手に気が回らなくなっていき、だんだんとめんどくさくなっていくものです。

付き合うまでにがんばるほど、相手があなたに期待するレベルが高くなっていきます。付き合いだしてもその期待に応え続けるのは大変ですし、何よりそのストレスで愛が冷めてしまうこともあります。長く付き合う相手を探しているのなら、付き合うまでにがんばらないほうがいいです。

4. 下ネタを使いこなせれば最強。

下ネタ。若い時は恥ずかしいこの話題も、時とともに抵抗がなくなっていくものです。女子会ならどれだけでもエグいことが言えるのに、男性の前になると顔を真っ赤にして恥ずかしがる人もいると思いますが、下ネタを使いこなせる女子は男性にモテます。

なぜなら、男性はいつでもエッチなことを話したいから。合コンやデートでも、お酒が進むにつれてエッチなトークにうつろうとするでしょ?本当はすぐにでも話したいのだけれど、下ネタ嫌いの女子が多いと思って遠慮しているだけなんです。

好きな体位とかこれまでのエッチな経験、変わったプレイなどは話せるようにしておきましょう。自分から下ネタをふる必要はありませんが、ふられた時は乗ってあげれると男性からの好感度は急上昇ですよ

彼氏や彼女を作れない人は、出会う人&デート経験を増やそう

応援シェアしてくれると嬉しいで~

ABOUTこの記事をかいた人

瀬野 愛子

メール:seno.aiko1225@gmail.com
住まい:東京都新宿区

婚活が大好きなアラサー独身喪女。
自分が使って良いと思ったものは誰かに勧めたくなる性格で、たくさんの人に勧めるため、2016年10月に婚活ブログ『こんかちゅ!』を立ち上げる。

ブログランキングにも参加してるので、ぜひ1クリックをお願いします!(๑ᵕωᵕ๑)⁾⁾