【完全版】プリズンブレイクシーズン3を時系列で解説!

プリズンブレイクのシーズン3
The following two tabs change content below.
瀬野 愛子
メール:seno.aiko1225@gmail.com
住まい:東京都新宿区

婚活が大好きなアラサー独身喪女。
自分が使って良いと思ったものは誰かに勧めたくなる性格で、たくさんの人に勧めるため、2016年10月に婚活ブログ『こんかちゅ!』を立ち上げる。

ブログランキングにも参加してるので、ぜひ1クリックをお願いします!(๑ᵕωᵕ๑)⁾⁾

プリズンブレイクのシーズン3を解説するで。

当時米国で発生していた脚本家のストライキによって、シーズン3は途中で打ち切られてしまったんや。せやから全13話となってるんやで。

 

6月15日 – 投獄1日目(第1話)

シーズン3は、マイケルがパナマの刑務所、
SONAに収監されたところからスタートや。

あまりのひどさっぷりに、さすがのマイケルも
辛そうな顔をしているのが印象的やな。

グレッチェンがリンカーンに接触

シーズン3の基本的なシナリオ展開は、
マイケルがSONAを脱獄できるかどうかなんや。

けどマイケルは「もう脱獄はこりごり」な状態。
そんなマイケルを脱獄させるために、
組織の工作員であるグレッチェンが動き出すで。

まず彼女は、L.J.とサラ・タンクレディを監禁。
その事実をリンカーンに知らせることで、
マイケルを説得するように促がすんや。

リンカーンに接触するグレッチェン

リンカーンに接触するグレッチェン

 

ベリックが、下水道に隠れているウィスラーを発見

SONAの最下層扱いになったベリックは、
誰もが嫌がる便所掃除をさせられとった。

その作業のために下水道に向かったベリックは、
下水道に隠れているウィスラーを発見するんや。

この時ウィスラーはベリックにネズミ肉を与え、
マイケルのポケットに手紙を入れさせるんや。

ベリックが下水道に隠れているウィスラーを発見

 

6月16日 – 投獄2日目(第2話)

リンカーンがマイケルを説得

1度は脱獄を渋ったスコフィールドに対して、
リンカーンはL.Jとサラが監禁されたと伝えた。

監禁されている2人を解放する条件は、
「1週間以内にウィスラーと脱獄すること」。

マイケルを説得するリンカーン

マイケルは愛するサラのために脱獄を決意する。
収監されてから1日経過しているから残り6日や。

L.Jとサラが監禁されていることを知るマイケル

L.Jとサラが監禁されていることを知るマイケル

 

マイケルが水を出すことに成功し、ウィスラーの安全を確保

SONAを脱獄する方法を考える前に、
肝心のウィスラーを見つけ出さないといけない。

ベリック経由でウィスラーの居場所を知った
マイケルやったけど、他の囚人たちがウィスラー
の命を狙っていたから、表に出すわけにいかん。

そこでマイケルは、ルチェロにウィスラーの保護
をしてくれるようお願いしようとする。

せやけど、元麻薬王が簡単にOKするわけない。
どうにかしてルチェロの保護を勝ち取るため、
マイケルはある行動にでたんや。

実はこの時、SONAは深刻な水不足になってた。
去年の暴動の報復で看守が水道管を詰まらせたんや。

定期的に送られる飲み水で運営されとったんやが、
ルチェロの腹心サミーがキレてこぼしたんや。

それによって水が飲めなくなった囚人たちが、
新しい飲み水を求めて暴動を起こしかける。

 

水道管に詰められていたものを爆発させることで水を出したマイケル

水道管に詰められていたものを爆発させることで水を出したマイケル

マイケルはこれをチャンスと思い、
水道管のつまりを爆破して水の流れを戻すんや。

暴動の対処に困っていたルチェロは、
宣言通り自分の役にたったマイケルとの約束通り
ウィスラーの保護をすることになったんや。

ルチェロにウィスラーの安全を約束させた

ルチェロにウィスラーの安全を約束させた

 

6月17日 – 投獄3日目(第3話)

サラの写真から監禁場所を突き止め救出しようとするリンカーン

マイケルがサラの写真を要求したんやけど、
サラは監禁場所を示すサインを表現してくれた。

この後、マイケルはルチェロの携帯を一時的に
ゲットして、サラと電話で話すことに成功する。

その時の会話でさらなるヒントをもらって、
写真の情報と照らし合わせ場所を特定したんや。

監禁場所を伝えようとするサラ

監禁場所を伝えようとするサラ

 

マイケルからもらった情報をもとに、
リンカーンが監禁場所と思われるところに到着。

リンカーンに気づいたサラが窓を割ったことで、
監禁場所はHERRERA’Sという家だと判明。

監禁場所を見つけ出したリンカーン

監禁場所を見つけ出したリンカーン

 

急いで家に突入したリンカーンやったけど、
直前に気づいた組織が2人を連れて脱出。

あと少しのところで助けられんかったんや…

あと一歩のところで逃げられてしまった

しかし、あと一歩のところで逃げられてしまう

 

救出しようとした報復としてサラを殺害

グレッチェンはこの救出行為の報復として、
サラの首を切り落とし、リンカーンに届けた。

シーズン4で明らかになったけど、この時の首は解剖用の首をサラに似せただけで、本物のサラには脱走されてたんや。
リンカーンはサラの首を発見

リンカーンはサラ(のような)の生首を発見

 

6月18日 – 投獄4日目(第4話)

サラとL.J.の救出に失敗したマイケルは、
本格的に脱獄計画をすすめることにする。

まずはその第一歩として、
フェンスを溶かして抜ける方法を考えたんや。

意図的に停電させて治しフェンスに電流を通す

フェンスを溶かす方法として考えたのは、
ケスリボルっていう薬品をかけて溶かすこと。

ケスリボルは死体の腐敗臭を抑えるために
墓堀人が散布している薬品やった。

そしてこのケスリボルは、高温に熱せられると
鉄を腐食させる効果がある
んや。

フェンスには電流が通っているはずやから、
この薬品を散布すれば腐って破壊できるわけや。

グレッチェンの協力でスクレを墓堀人にし、
死体処理時にフェンスへ薬をまくわけやわ。

しかしここで新たな問題が1つ。
ケスリボル散布までは順調にいってたんやけど、
残念ながらフェンスに電流が流れてなかった。
せやからかけても鉄は腐食せんかったんや。

そこでマイケルは、電線を修理する口実づくり
のために、わざと停電を引き起こした。
なおかつ自分から修理を申し出ることなく、
ルチェロが命令してくるまで待ったんや。

マイケルが意図的に停電を起こす

マイケルが意図的に停電を起こす

ルチェロは携帯を使って外部と連絡してた。
水や食料の配給もそれで管理してたんやな。

電気がないと携帯の充電ができなくなって、
ルチェロはSONAを管理することができなくなる。

マイケルの読み通り、ルチェロはマイケルを呼び、
有無をいわさず停電を解消しろと要求したんや。

マイケルは、停電を直すという名目で、
フェンスの電流を回復することに成功。

看守のリーダーもフェンスの電流が戻って喜び、
ルチェロは停電が直って問題が解決。
全員がwinwinの結果で終わったで。

緩衝地帯を掘り起こして電線をいじるフリをするマイケル

緩衝地帯を掘り起こして電線を修理するマイケル

 

マイケルの脱獄に感づいたベリックが、
自分が仲間に入れてもらえない腹いせとして、
ルチェロに脱獄のことを密告してしまう。

けど、マイケルは本当に電線を直しただけやから、
脱獄を疑われることは何にもしてなかったんや。
ルチェロにガセ情報を伝えた罰として、
ベリックは高熱のコーヒーをかけられてしまう…

ガセネタを吹き込んだことで罰を受けるベリック

ガセネタを吹き込んだことで罰を受けるベリック

 

墓掘人としてスクレを雇わせることに成功

墓堀人に大金を渡して買収しようとしたリンカーンでしたが、墓堀人が追加の金銭を要求してきたため、グレッチェンが彼を殺します。墓堀人を失ったリンカーンでしたが、墓堀人の雇い主に金を渡してスクレを雇わせることに成功しました。

墓堀人として脱獄に協力するスクレ

墓堀人として脱獄に協力するスクレ

6月19日(5日目)

この日の描写はありません。

6月20日 – 投獄6日目(第6話)

双眼鏡が看守に見つかり、牢が施錠されてしまう

脱獄の決行時間は7日目の15:13。14時からサッカーの試合が始まるため囚人たちが広場に集まっているタイミングを狙います。緩衝地帯を監視している看守の隙をつく作戦を考えていたマイケルですが、双眼鏡を使って看守をみていたところが見つかってしまい、急遽ガサ入れがはいり自分の牢を施錠されてしまいます。

看守に隙がないか確認するマイケル

看守に隙がないか確認するマイケル

双眼鏡の光が反射して監視していたことがバレた

双眼鏡の光が反射して監視していたことがバレた

ライフルの照準器と勘違いした看守がガサ入れを開始

ライフルの照準器と勘違いした看守がガサ入れを実施

牢に入れなくなり途方にくれるマイケル

牢に入れなくなり途方にくれるマイケル

6月21日 – 投獄7日目(第7話)

アンドリュー・ティグ殺しでウィスラーが処刑されそうになる

前日に入所したばかりのティムがウィスラーの素性について何か知っていたため、おそらくウィスラーによって殺害されてしまったようです。ウィスラーの無実を晴らすために奔走するマイケルは、マホーンの房に凶器を見つけたことをルチェロに報告します。

アンドリュー・ティグが殺害される

アンドリュー・ティグが殺害される

しかし、マホーンは政府の陰謀を証言するために一時的に釈放されてしまい、罰する対象を失ったルチェロは自身の取り巻きの1人であるチェオを殺します。チェオは、ルチェロのいとこであるグストがサニーに渡していた葉巻を吸っていたので、自分を裏切っていると思ったから殺したのです。

裏切り者と誤解された粛清されたメンバー

裏切り者と誤解された粛清されたチェオ

リンカーンにサラが死んだことを聞かされたマイケル

リンカーンにサラが死んだことを聞かされたマイケル

午後3時13分に脱獄を決行するも失敗

自分たちで決闘を申し込むことで全ての囚人を中庭に集めたマイケルとジェームズでしたが、看守の目くらましとして想定していた日差しが雲によって遮られてしまったことで、脱獄を断念して戻ります。しかし、一度申し込んだ決闘は2度と取り消すことができないルールのため、決闘で2人はお互いを殴り合うことになります。

作戦が失敗し急いで戻るマイケルとジェームズ

作戦が失敗し急いで戻るマイケルとジェームズ

脱獄に使われた房の持ち主を特定するために、看守による尋問がはじまりました。このとき、ルチェロが自分にだけ便宜を図らせていたことを大佐に暴露されてしまいます。求心力を失ったルチェロは自分がボスとして君臨できなくなることを悟り、マイケルに自分も脱獄させろと命じました。

脱獄に気づいた看守によって尋問が始まる

脱獄に気づいた看守によって尋問が始まる

SONAで生き残れないと悟ったルチェロは、マイケルに脱獄を指示します。

SONAで生き残れないと悟ったルチェロは、マイケルに脱獄を指示します。

6月22日 – 投獄8日目(第8話 ~ 第9話)

クランツ将軍の指示で強行救出が決定

ウィスラーの判断で脱獄期限が4日延長されました。ここまでウィスラーとグレッチェンのつながりは明らかになっていませんでしたが、第7話の終盤で2人が今回の脱獄を首謀していたことがわかりました。ただ、クランツ将軍がグレッチェンに早期解決を指示したことで、グレッチェンは8日目の17時に救出作戦を実施することを決定します。マイケルたちは不要になったので、グレッチェンはウィスラーにマイケルを殺害するように指示しました。

ウィスラーに強行作戦の実施とマイケル殺害を指示するグレッチェン

ウィスラーに強行作戦の実施とマイケル殺害を指示するグレッチェン

マイケル達は隠し通路から脱獄しようと計画

前日の脱獄未遂によって信頼を失っているルチェロは、マイケル達と一緒に一刻も早く脱獄しようとします。そのために、自分の部屋からつながっていた隠し通路(1年前の暴動で塞がれた別棟への通路)を使ってマイケルに脱獄プランをたてるように命令します。

前日に失敗したことで脱獄プランが白紙になっていたマイケルは、ルチェロの提案にのることにしました。通路の天井から地面に向かって穴を掘り、地上に出るプランを立てました。しかしこの時、ウィスラーは17時に救出作戦が実施されることを知っていたので、隙をみて屋上に移動するタイミングをうかがっていました。

隠しトンネルから脱獄を再計画するマイケル、ウィスラー、ルチェロ

隠しトンネルから脱獄を再計画するマイケル、ウィスラー、ルチェロ

救出作戦が実施されるも、マイケルの妨害で失敗に終わる

救出作戦を指揮するグレッチェン・モーガン

救出作戦を指揮するグレッチェン・モーガン

ウィスラーを救出に向かうヘリ

ウィスラーを救出に向かうヘリ

ウィスラーにつかまり妨害するマイケル

ウィスラーにつかまり妨害するマイケル

脱獄の首謀者としてマイケルが連行・拷問

前日の脱獄未遂によって、指揮官であったエスカミージャ大佐に変わって新しい所長が着任していました。彼は麻薬王だったルチェロを逮捕したほどのキレ者で、入所して2度も脱獄未遂があったことで首謀者としてマイケルを連行し、灼熱のサウナ風呂にぶちこんでしまいます。

首謀者として連行されるマイケル

首謀者として連行されるマイケル

50度の熱気で体力を奪われていくマイケル

50度の熱気で体力を奪われていくマイケル

マイケルから真実を聞き操作を開始した新指揮官はグレッチェンにより射殺

尋問で真実を話したマイケルと、グレッチェンの名前を出したウィスラー

尋問で真実を話したマイケルと、グレッチェンの名前を出したウィスラー

新指揮官につかまり拷問をうけるグレッチェン

新指揮官につかまり拷問をうけるグレッチェン

新指揮官を騙してまんまと逃げ切るグレッチェン

しかし、グレッチェンによって新指揮官は殺されてしまう

6月23日 – 投獄9日目(第9話 ~ 第10話)

また新しい指揮官が到着

殺された指揮官に変わって着任した指揮官

殺された指揮官に変わって着任した指揮官

サミーがルチェロを追放してボスになる

求心力を失っていたルチェロでしたが、最近の横暴でサミーの信頼も失っていました。そんな中、サミーとその取り巻きはマイケルを始末したがっており、一向にマイケルを追放しないルチェロに業を煮やしたサミーは、ついにルチェロをボスの座から引きずりおろしてしまいます。

サミーから下克上を受けたルチェロ

サミーから下克上を受けたルチェロ

ボスになったサミーの最初の取り組みは、「マイケルを殺した者にラム酒1箱をやる」というものでした。この時マイケルは隠し通路で穴を掘っていましたが、もし一歩でも外に出たらすぐに殺されてしまうことになりました。

サミーはマイケルの首に懸賞金(ラム酒)をかけた

サミーはマイケルの首に懸賞金(ラム酒)をかけた

マイケル達が隠し通路にいることに気づいたサミー

外にでたことでサミー達にみつかり、ウィスラーが人質に。

外にでたことでサミー達にみつかり、ウィスラーが人質に。

脱獄するための穴をみつけたサミー

脱獄するための穴をみつけたサミー

マイケルの細工によって生き埋めになったサミー

マイケルの細工によって生き埋めになったサミー

サミーの死でボスの座に返り咲いたルチェロ

サミーの死でボスの座に返り咲いたルチェロ

6月24日 – 投獄10日目(第11話 ~ 第12話)

翌日の脱獄に向けて作業をする一同

この時点での脱獄メンバーは、マイケル、ウィスラー、ルチェロ、マホーン、ティーバッグ、ベリックの7名です。

穴掘り作業をすすめる一同

穴掘り作業をすすめる一同

豪雨により急遽、今夜決行することに決定

翌日の日中に脱獄する予定だったマイケルですが、大雨でできた水たまりが穴の真上にできてしまったことで、穴が崩れるまえに脱獄することを決意しました。夜間の脱獄はほぼ不可能としていたマイケルでしたが、どうにかして夜間の監視をかいくぐる作戦を考えるマイケル。

大雨で穴の真上に水たまりができていたので、急遽今夜脱獄することに決定

大雨で穴の真上に水たまりができていたので、急遽今夜脱獄することに決定

この時点では明示されていませんでしたが、マイケルの作戦は他のメンバーを囮にして逃げることでした。特に、ルチェロとティーバッグはもともと凶悪犯なので、マイケルは絶対に彼らを外に出したくなかったのです。

脱獄メンバーにルイス・ガレゴを加える

他の囚人の情報や小道具を入手するために協力してもらっていたルイス・ガレゴを脱獄メンバーに加えることを躊躇していたマイケル。しかし、彼の人生を決めるのは自分ではないと思い、逃亡生活の辛さを伝えた上でメンバー入りを打診。ルイスが同意したことで正式にメンバーに加わりました。

脱獄メンバーにルイス・ガレゴを加える

脱獄メンバーにルイス・ガレゴを加える

脱獄決行

停電してから非常電源が作動するまで30秒しかないと知ったルチェロとティーバッグは、ウィスラーを人質にとって「自分たちを先に行かせろ」と要求します。マイケルは渋々了承しますが、彼らを先に行かせることによって囮にし、その間に看守の隙をついて逃げることが本当の作戦でした。実際は30秒も猶予はなく、他人を蹴落として自分だけ助かろうとするヤツは脱獄に失敗するように仕向け、1人でも多くの凶悪犯を脱獄させないようにしたのです。

この時マイケルはマホーンに「お前も先に行くか」と聞いていますが、マホーンは拒否をして後から行くことにしたので、マイケル達と一緒に逃げることに成功します。

ルチェロ・ティーバッグ・ベリックの3人は先にいくことに。

ルチェロ・ティーバッグ・ベリックの3人は先にいくことに。

マイケルの作戦通り、ルチェロ・ティーバッグ・ベリックはつかまってしまいます。

マイケルの作戦通り、ルチェロ・ティーバッグ・ベリックはつかまってしまいます。

混乱に乗じて脱獄することに成功したマイケル達

混乱に乗じて脱獄することに成功したマイケル達

6月25日 – 投獄11日目(第13話)

看守達の追跡をまいて脱出に成功

昨夜のうちにSONAを脱獄したマイケルたちは、
一晩かけてビーチまで走り続けたんや。

ビーチに向かって一晩中走り続けるマイケルたち

ビーチに向かって一晩中走り続けるマイケルたち

ビーチにたどり着いたマイケルたちは、
リンカーンと合流して海に潜る準備をする。

あらかじめ、リンカーンが4人分の酸素ボンベを
砂の中に埋めておいてくれたんやな。

ビーチで海に潜る準備をする

ビーチで海に潜る準備をする

追跡してきた看守たちに追いつかれそうになるも、
ギリギリのところで海に潜ることに成功する。

当初は4人で潜る予定やったから、酸素ボンベが一つだけ足りないんや。せやから、マイケルとルイスがボンベを共有することになったんやで。
海にもぐって泳いで移動することで追跡をかわす

海にもぐって泳いで移動することで追跡をかわす

 

ルイスの父親がボートで救出

海に潜ったスコフィールドたちは、
海に浮かぶブイにつかまってスクレを待つんや。

せやけどこの時、スクレはSONA刑務所で看守に
拘束されてたから、ボートがくるはずはない。

しかしここで幸運。
マイケルがルイスを仲間にいれていたことで、
彼の父親に合流場所を伝えていたんや。

予定時刻になっても合流場所に現れないから、
父親は貸しボート屋に行き、ボートがまだ
貸し出されていないことに気づいた。

それで思い切って自分がスクレから聞いていた
座標の位置まで探しに来てくれたんや。

ルイスの父親が操縦してきた船で脱出

ルイスの父親が操縦してきた船で脱出

 

ウィスラーとL.Jを交換

無事に脱獄することに成功したマイケル達は、
いよいよウィスラーと人質の交換をする。

けど、交換した途端に殺されることはわかっとる。
せやからマイケルは、交換場所に美術館を指定。
入館時に金属探知機の検査があるため、
グレッチェンたちは武器を持ち込めなくなるんや。

美術館の中で人質とウィスラーの交換が行われる。
この時、ウィスラーが嘘をついてたことを知った
ソフィアは、彼と別れることを決意。

そのままリンカーンとマイケル、L.J.とともに
逃げることにしたんや。

マイケルは交換場所として美術館を指定

マイケルは交換場所として金属探知器のある美術館を指定

 

このまま美術館を出ても皆殺しやろうから、
マイケルは美術ケースを破壊して警察を誘う。
しかも、緊急時には出口が1箇所になるという
おまけ付きや。

こうすれば、グレッチェンはマイケル達と共に
美術館を出るしかないから、銃撃されるリスク
がなくなる。

愛子
もしグレッチェンたちが凄腕のスナイパーを用意してたら、たぶん全員殺されてたやろな。

 

マイケルはあえて窃盗事件を起こし、警察を呼ぶことで殺害されないようにした

マイケルはあえて窃盗事件を起こし、警察を呼ぶことで殺害されないようにした

 

ここまでやっても、無事出たら殺されるやろうと
思ったマイケルは、ウィスラーのポケットに
美術館のグッズを忍ばせて、警察に調べさせた。

それでウィスラーは身分証の提示を求められる。
けど身分証なんてもってへんから、
グレッチェンが仲間に指示して、銃撃を開始。

この銃撃に巻き込まれてソフィアが被弾。
ソフィアはL.J.が面倒をみて、
残り2人は警察と組織が銃撃戦をしている間に、
あらかじめ用意していた車で逃げたんや。

用意していた車で逃げるマイケルとリンカーン

用意していた車で逃げるマイケルとリンカーン

 

銃撃戦の最中、グレッチェンたちも逃走に成功。
このままシーズン4につながっていくんやな。

ウィスラーはグレッチェンとともに逃走

ウィスラーはグレッチェンとともに逃走

プリズンブレイク最新作の放送日・全出演者とあらすじを日本語で!

2016.11.02
プリズンブレイクのシーズン3

応援シェアしてくれると嬉しいで~

ABOUTこの記事をかいた人

瀬野 愛子

メール:seno.aiko1225@gmail.com
住まい:東京都新宿区

婚活が大好きなアラサー独身喪女。
自分が使って良いと思ったものは誰かに勧めたくなる性格で、たくさんの人に勧めるため、2016年10月に婚活ブログ『こんかちゅ!』を立ち上げる。

ブログランキングにも参加してるので、ぜひ1クリックをお願いします!(๑ᵕωᵕ๑)⁾⁾